top of page

【2024.5.16】千葉県に「ビジコン×パラガチャ(R)」の 新しいカプセルトイステーションが誕生  障がい者就労支援と地域課題の問題解決型コラボレーション



パラビジネスプロデュース事業を行う一般社団法人障害者就労支援ネットワークP&P(所在地:千葉県柏市/代表理事:奥岳 洋子/以下 当法人)は、2024年5月16日【平和に共存する国際デー】成田空港温泉空の湯(所在地:千葉県芝山町)の入り口に、新しいカプセルトイステーション「ビジコン×パラガチャ(R)情報発信基地局」を設置したことをお知らせします。

カプセルトイを通じて障がい者の就労支援を行う『パラガチャ(R)』と、ちば起業家ビジネスプラン・コンペティションの歴代受賞者と事業連携し、両社の取り組みを広く周知することを目的としています。





ビジコン×パラガチャ(R)情報発信基地局画像(成田空港温泉空の湯風除室内)


※ パラガチャ(R)について

大量流通が主流であるカプセルトイ市場ではMade in JAPANのハンドメイドで商品を作ることが困難であることを逆手に取り、障がい者の継続的な就労を目指す試みです。カプセルトイのカプセルのみを『パラガチャ(R)商品』として販売する事業です。



■概要

今回のコラボレーションはそれぞれ自分たちが取り組む活動と接点がなかった方々にも新たに「知ってもらえる機会」を提供します。実際に社会/地域のために活動を続けている社会起業家同士の事業連携はSDGsの普及活動にもつながります。


[ちば起業家ビジネスプラン・コンペティション歴代受賞者のメリット]

・社会課題、地域課題の周知

・歴代受賞者の活動内容の周知

・活動時に発生する端材等を素材として再利用


[パラガチャ(R)のメリット]

・障がい者の仕事創出

・福祉生産品の販売

・障がい者の収入アップ


これらのメリットを組み合わせカプセルトイ商品として販売をすることで情報を発信する企画です。



ビジコン×パラガチャ(R)情報発信基地局の仕組み



■関係事業者情報

【1】発起人:一般社団法人障害者就労支援ネットワークP&P

所在地   :千葉県柏市増尾7丁目19番34号

活動内容  :障がい者の就労支援

受賞歴   :第6回ちば起業家ビジネスプラン・コンペティション県知事賞

<ちばビジコンサポーター賞(スポンサー特別賞)>

・千葉テレビ放送株式会社

・株式会社イシド




【2】チョウシ・チアーズ株式会社




【3】合同会社森の輪製作所




【4】合同会社DIEM atelier lab. 伝右衛門製作所



上記4社、所在地(千葉県北西部・北東部・北総部・南部)も活動内容も支援企業もバラバラの社会起業家4名からスタートします。今後順次、協力事業者を募ってまいります。



■その他協力者

【5】三栄メンテナンス株式会社

所在地 :千葉県山武郡芝山町香山新田45番4

協力内容:設置場所の提供/成田空港温泉空の湯(千葉県山武郡芝山町香山新田27-1)


【6】芝山町観光協会

所在地 :山武郡芝山町小池992(芝山町町役場内)

協力内容:観光による販売促進



■今後の展開

当法人は、平和に共存する国際デーの「違いと多様性の中で団結して生き、共に行動したいという願望」を支持します。社会課題や地域課題が[自分たちの生活の身近にもある]と感じられるよう、親しみやすい情報を連携事業者と共に発信してまいります。今回の第1情報発信基地局は千葉県の観光地である千葉県芝山町(成田地区)に設置できたため、国内外から訪れる観光客の皆さまにとって魅力的な商品の企画・開発を行ってまいります。この情報発信基地局を継続させることが障害福祉の仕事創出や収入のアップにもつながるため、今後もビジコン受賞歴のある社会起業家との事業連携を増やし、障がい者の持続可能な就労支援の開発を引き続き行ってまいります。


※ 平和に共存する国際デーとは

平和・連帯・調和の持続可能な世界を築くために、違いと多様性の中で団結して生き、共に行動したいという願望を支持することを目的としている日です。



■パラガチャ(R)について

*障害福祉の課題

障がい者の収入の地域格差・事業所格差が顕在化しています。障害福祉業界では県や、国からの助成金・補助金などが交付されても収益化できる事業を持てるか否かで閉鎖に追い込まれる事業所も多く、行き場を失う障がい者も多くなっています。


*障がい者の就労支援が置き去りにされていたコロナ禍

大半の事業所の収益源は「内職作業」です。時給計算すると時給18円の事業所も存在します。さらに新型コロナウイルス感染症の長引く影響により、頼みの綱であった内職作業も激減しました。


これらの現状を打開するため、今回の新型コロナウイルス感染症を教訓に『おりづるガチャプロジェクト』を立案し、2022年にスタートさせました。その後、おりづるをモチーフにした商品だけではなく、様々な福祉生産品をカプセルトイ商品として販売する『パラガチャ』へと発展しました。


※おりづるガチャプロジェクトとは

障がい者や福祉事業所が自分たちの力で、地域と共に、収益を生み出せるカプセルトイによる非対面販売のビジネスモデルです。



パラガチャ(R)説明画像



■法人概要

法人名 : 一般社団法人障害者就労支援ネットワークP&P

代表者 : 代表理事 奥岳 洋子

所在地 : 〒277-0033 千葉県柏市増尾7丁目19番34号

設立  : 2020年4月

事業内容: パラビジネスプロデュース事業



■一般社団法人障害者就労支援ネットワークP&Pについて

障がい者の工賃向上を目指し「障害福祉の商社」として福祉生産品のプロデュースを行う。



■パラビジネスについて

障がい者がスポーツで生きがいを感じるパラスポーツがあるならば、障がい者が働くことで生きがいを感じるパラビジネスがあっても良いと考え、日本初の「パラビジネス」を提唱しています。


※ 「パラビジネス」は一般社団法人障害者就労支援ネットワークP&Pの登録商標です。

障がい者の「働きがいも経済成長も」






Kommentare


bottom of page